事例集

平ジャバラ アルミホイル

アルミホイルの平ジャバラをBBQに使用した例を紹介します。

1) 今回使うアルミホイルの平ジャバラです。

  ジャバラを閉じた状態で幅をコンロに合わせてハサミなどでカ

  ットします。

2)ジャバラを閉じた状態でコンロに入れ、伸ばしていきながら

 セットします。


3)ジャバラの上に炭を敷き網をセットします。

 写真は使用した後のものです。空気が入りやすいのでよく燃焼

 しますよ。

4)後片づけ。大きな炭ははじき、細かいすすはバケツなどに移

 せば掃除も簡単!


実際の様子


ロールジャバラ 巻き取りカバー

巻き取りにはこんな使い方もあります。

使いにくかったゴミ置き場をロールシートで変身させました!


取り付け前

  • ネットを掛けたり外したり面倒くさい。
  • ネットを掛けてもカラスにイタズラされる。
  • 外部からのポイ捨てがある。
  • ゴミが多いと見た目が良くない。


取り付け後(開放状態)

  • ゴミ屋さんの事も考え上半分まで寄せて設置。
  • 掃除もしやすい。


取り付け後(閉めた後)

  • ゴミが多くても見えない。
  • 片手で開放できるので便利
  • 前日にゴミを出しても猫やカラスにイタズラされない。


実際の動き

  • 子供でも楽々取り外しができます。

コの字型ジャバラ

取付前
取付前
取り付け後
取り付け後
ジャバラ内部
ジャバラ内部
収縮時
収縮時

後付けのコの字型ジャバラです。

開口部をふさぐために取付しました。

精密測定機内部の隙間をカバー。

N研究開発機構 様


N研究開発機構様は、素粒子物理、原子核物理、物質科学、生命科学、原子力など幅広い分野の最先端研究を行っております。


背 景:実験後、測定機内に鉱石の破片が落ち回収が困難に

鉱石に6軸から圧力をかける実験の際に、砕けた鉱石が測定機の隙間に入ってしまい毎回、回収が困難に。生地で覆いカバーしようとしたがうまくいかず、長谷川ジャバラに問い合わせ。

 

解決策: 油圧ラムの形状に合った円錐カバーを製作!

他の軸に干渉しないような油圧ラムの形状に合った円錐カバーを製作。合わせてカバー下部に破片の受け口を取付。隙間に破片が入らなくするとともに回収も容易に。

効 果:破片の回収も容易になり、実験の効率もあがった

測定機の隙間に鉱石の破片が入ることもなくなり、故障の心配も減り、結果的に実験の効率もあがることになった。

円錐カバー取付前
円錐カバー取付前
円錐カバー取付後
円錐カバー取付後

下側の白い円錐部分がカバーです。

測定機動作時
測定機動作時

シャフトに傷がつかないように!

取付前
取付前
取り付け後
取り付け後
カバー本体
カバー本体
ファスナーで開きます
ファスナーで開きます

後付けのカバーです。

軸が外せない部分でしたので、チャックによる分割タイプです。

本件は稼働部分ではありませんでしたので円筒形状でした。

元々カバーがついていない部分に取り付けたので取付金具が必要になりました。